真夏の林道に似つかわしくない都会のOLが一人歩いている。妖しい色香を放ち雌の匂いをさせている。生意気そうな美女だ。まず、おしっこを鑑賞する。プライドの高そうな女は、徹底的に惨めに辱めルのが志摩の流儀。命令に拒絶する。辱めに抵抗の意を見せる。美樹は調教のしがいのある女だ。しょんべんかけてやれ!!ケツ丸出しで「私は変態女です、露出好きの淫らな女です」と言え!!「痛い」という美樹の言葉の度ビンタ。鬼の仕打ちに胸がすーっとするぜ。見晴らしのいい和室からは下界の村々が見える。全裸で緊縛した美樹の裸体は真っ白で滑らか、そして、細身でスタイルがとてもいい。タンポンブランコに「やめて〜」とは傑作だ。生理にまみれたまんこをバイブで責め立てる、カリスマのプライベートはとてもすばらしいじゃないですか!!泣いてしまう美樹。言うことを聞かず泣く。許すはずもない、野生を目覚めさすだけだ。ついに奥義炸裂!!乳首十文字針貫通。この世間知らずなわがまま女に乳首貫通の責めが炸裂する!!「いた〜い!!」絶叫と観念のなみだは美しい。鬼畜の責めはまだまだ序の口だ。奴隷の自覚を促すプロセスはこうした弛まぬ責めを続けていかなければならぬ事を改めて教えられる教科書のような傑作であろう!!おしっこ、野外、露出、針貫通、SEX フェラ 生SEX 中出し

READ MORE : 大沢 美樹 プライベート調教5 妖隷

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です