ある日帰宅するとすでに夫が玄関で待っていた。いつもの様に、玩具の様な扱いを受ける裕子。別れられるなら何でもする・・・裕子は疲れきった顔で語った。お見合い結婚して早三年、幸せじゃない・・・リストラ寸前の夫、その夫からのDV。裕子は決断した。大好きな優しい不倫相手と共に・・・

READ MORE : 斉藤裕子 人妻の願い

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です